ラクビとビセラ

腸内フローラサプリとして通販サイトのランキングでも反響の高いラクビとビセラ。この2つについて、購入時にどっちを選んだ方が良いか迷われる方もおられるようです。当サイトではラクビとビセラの違いを成分・コスパの面から考察し、私なりの結論をだしております!

 

ラクビの商品概要

商品名 ラクビ

ラクビ

価格 3,800円
定期初回価格 500円
2回目以降 2,740円
定期縛り なし(いつでも休止・解約OK)
1袋31粒(1ヶ月分)
製造元 日本国内のGMP認定の工場
解約方法 次回発送の5日前までに電話連絡

 

ビセラの商品概要

商品名 ビセラ

ビセラ

価格 5,687円
定期初回価格 500円
2回目以降 3,980円
定期縛り 初回含む4回
1袋31粒(1ヶ月分)
製造元 日本国内のGMP認定の工場
解約方法 次回発送の10日前までに電話連絡

 

ラクビとビセラのコスパ面での違い

 

冒頭ではラクビとビセラについてコスパ部分で比較してみました。

 

どちらも腸内フローラサプリとして人気爆発中のサプリであることは間違いありません。

 

しかし、「コスパ」だけを考えると軍配はラクビにあるのは明白ですね。

 

ポイント

ラクビの方が2回目以降のお値段もビセラ比べて1,200円近く安いわけですし、定期の縛りもなくいつでも解約できちゃいます。

 

ラクビとビセラに含まれる成分は?

ラクビセラ

 

続いてはラクビとビセラに含まれる成分・原材料を確認してみましょう!

 

ラクビの成分・原材料

サラシアエキス、麦芽糖、デキストリン、澱粉、ビフィズス菌乾燥原末、 酪酸菌、イソマルトオリゴ糖、ゼラチン、キトサン、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、 微粒酸化ケイ素、リン酸カルシウム

 

ビセラの成分・原材料

食物繊維、乳酸菌生産物質(大豆乳酸菌))(大豆成分を含む)、酪酸菌末、乳酸菌プレミックス(乳酸菌29種)(乳成分を含む)有胞子性乳酸菌(乳成分を含む)

 

ラクビとビセラに配合されている成分の効果

ラクビセラ

 

ラクビとビセラに含まれる成分の効果について調査しました!

 

サラシアエキスの効果

成分効果

血糖改善・肥満解消・ダイエット・糖尿病・合併症予防・体脂肪抑制&現象・血統コントロール・抗メタボリック症

 

麦芽糖の効果

成分効果

便秘解消効果・虫歯予防・ダイエット効果

 

デキストリンの効果

成分効果

食後血糖値上昇抑制作用・脂質異常症予防・便秘予防・肥満予防・動脈硬化の予防(脂質代謝を調節)・大腸癌の予防・免疫強化・腸内感染の防御・腸管運動の促進

 

ビフィズス菌の効果

成分効果

整腸作用(腸内環境改善作用)・腸内腐敗産物の減少・排便状態の改善・便秘改善・発ガン抑制・アレルギー症状の改善(花粉症など)・免疫力向上・感染防御・脂質代謝改善効果

 

酪酸菌(短鎖脂肪酸)の効果

成分効果

腸管上皮の増殖作用・腸内細菌叢の正常化作用・種々の病原菌に対する抗菌作用

 

短鎖脂肪酸の上手な増やし方

酪酸などの短鎖脂肪酸は、難消化性炭水化物を腸内細菌が分解することにより産生されるため、食物繊維の摂取が重要です。食物繊維には果物や海藻類などに多い水溶性と、豆類、穀類などに多い非水溶性がありますが、それらをバランスよく、またゆっくり時間をかけて食事をすることが大切です。

引用元:武田薬報web

 

イソマルトオリゴ糖(オリゴ糖)の効果

成分効果

整腸効果・便秘改善・動脈硬化の予防・血糖値上昇抑制作用・美肌効果・アトピーやアレルギーの予防・軽減・虫歯予防

 

ポイント

赤ちゃんにも安心で、乳酸菌を含んだヨーグルトや納豆との相性が良いとされています。

 

ゼラチンの効果

成分効果

若返り効果・美肌効果・アンチエイジング効果・髪つや改善・関節痛の軽減

 

キトサンの効果

成分効果

肥満予防・血中コレステロール値の低下・食事中のコレステロールの吸収を抑える・脂肪やコレステロールの吸収を阻害

 

トレハロースの効果

成分効果

食品の保存料や品質保持剤としての用途が多く、保湿性があり乾燥を防いでくれ新鮮さを保ってくれる。パンや菓子、コンビニのおにぎり類に使用されている。

 

ステアリン酸カルシウムの効果

成分効果

コレステロール値の低下・脂肪蓄積・脳出血の予防・エネルギー生成

 

ポイント

増粘剤、製品組織の乳化、コーティング剤、食品の製造過程の補助や栄養強化、固結防止効果などに使用されていて、サプリや錠剤の形成や安定を目的として使用されていることが多い。

 

微粒酸化ケイ素の効果

成分効果

抗酸化作用・アンチエイジング効果・デトックス効果・整腸効果・便秘改善・美肌効果・美髪効果・美爪効果・ワキガ&加齢臭等の体臭対策・冷え性、水虫、足の臭いの改善・アレルギー症状の改善・花粉症の改善・アトピー性皮膚炎の改善・うつ病の改善・代謝促進・血管の修復、強化・骨細胞の生成と強化・虫歯予防・白髪、薄毛の予防・骨粗しょう症の予防・動脈硬化の予防・脳梗塞の予防・心筋梗塞の予防

 

微粒酸化ケイ素の代謝効果でバストアップ効果に期待!

新陳代謝が活発化することでバストアップ効果にも期待できます。

イソフラボンを含む、豆乳、納豆、きなこ、味噌、豆腐、もやしなどの豆類との併用でさらに効果も期待。

ボロンを含むりんご、ぶどう、梨などの果物、大豆、ア-モンドやピ-ナッツのナッツ類、とろろ昆布、ワカメやひじき、昆布などの海藻類やキャベツ、ハチミツ、レ-ズン等との相性も良いそうです。

他にもタンパク質・ビタミンA・ビタミンE・ビタミンB1・ビタミンB6・コラーゲン・アミノ酸を含む食べ物との併用もバストアップ効果に期待できるようです。

 

リン酸カルシウムの効果

成分効果

食品添加物として幅広く多用されており、滑沢性が非常に高く、粉体の流動性向上・固結防止効果がある。錠剤表面を滑らかにし、光沢のある錠剤を成型できるとされています。

 

食物繊維の効果

成分効果

血糖値上昇の抑制効果・血中のコレステロール値の低下・肥満予防・糖尿病予防・脂質異常症の予防・高血圧予防・動脈硬化の予防・便秘改善・デトックス効果・善玉菌の増加効果・整腸効果

 

ラクリス菌の効果

成分効果

整腸効果・便秘改善・免疫力の向上・アレルギー抑制・血圧低下・美肌効果・コレステロール低下

 

有胞子性乳酸菌の効果

成分効果

整腸効果・アンチエイジング効果

 

EC-12菌の効果

成分効果

整腸効果・便秘改善・体脂肪低減・腸内菌叢改善効果・免疫細胞サポート

 

【成分比較まとめ】ラクビとビセラの成分の違いから分かる特徴

ラクビセラ

 

簡単に言うと、ラクビもビセラも腸内環境を整えるという点に特化したサプリであることは間違いありません。

 

ただ乳酸菌に関連した成分を多く含んでるという点ではビセラの方が軍配が上がるのかなと感じます。

 

ただ腸内フローラとダイエット、美容・美肌効果を同時に対策していきたいとなると総合的な部分ではラクビが幅広く対応できそうです。

 

なので...

 

  • 腸内フローラの改善に特化したいならビセラ
  • 腸内環境も整えつつダイエットも同時に進めたい方はラクビ

 

成分で判断するなら↑の通りと私は考えます。

 

【重要】ご存じですか?ビフィズス菌と乳酸菌の違い

 

ビフィズス菌と乳酸菌の違いって分かります?私もほとんど一緒でしょと考えていたのですが、役割や影響部位が異なるようなんですね。

 

ビフィズス菌と乳酸菌の違いについて下記の解説を一部引用してお伝えします。

 

ビフィズス菌は腸内の糖質や食物繊維などを代謝し、酢酸や乳酸をつくる働きがあるのに対し、乳酸菌は主に乳酸を産生するなど、異なる特徴を持っています。

 

 

情報引用元:森下仁丹株式会社

 

腸内環境を整えるビフィズス菌のパワー

腸内細菌の数は、便を調べることでそのおおよそがわかります。乳酸菌の数は、便1グラムあたりに1000万~1億個。それに対してビフィズス菌は、便1グラムあたりに100億~1000億個もいることが明らかになっています。
ビフィズス菌には、腸内の糖質や食物繊維を代謝して酢酸や乳酸などの代謝物質をつくる働きがあります。したがって、ビフィズス菌や乳酸菌が腸内で活躍できる状態にしておくことで、このようなよい物質をたくさん作ってくれることでしょう。

情報引用元:森下仁丹株式会社

 

ラクビとビセラの飲むタイミングは?

 

腸内フローラサプリを飲むタイミングとして私の経験上1番おすすめなのが...

 

食後!特に夕食後に飲むのが良い!

 

理由としてはラクビやビセラのような腸内フローラサプリは胃酸で効果を弱めてしまうことは避けたいわけです。

 

mika
直後の胃酸が弱まってる時に飲むのが配合されてる菌の死滅する割合も減り腸まで届きやすいということになります。

 

私は朝飲むより夕方の食後に飲むように変更したことで、便通がさらに良くなった経験もあります。

 

あと飲むタイミングを習慣化することで「飲み忘れ」を防ぐこともできます。

 

失敗事例として多いのがこの「飲み忘れ」です。

 

重要!

基本的に毎日飲むのが重要なわけですが、ついつい飲み忘れをしてしまうと、飛び飛びになってしまい、最終的に飲むのをやめてしまう方向になってしまいます。

 

中途半端な飲み方は効果もしっかり実感できないし、勿体なさ過ぎますのでしっかり飲み続けることを意識したタイミングを習慣化していきましょう!

 

【まとめ】ラクビとビセラどっちを選ぶのが得策?

 

腸内フローラ系のサプリを散々レビューしてきた私の経験やユーザーさんの反応を見てると、ダイエット目的で購入される方が多いという印象です。

 

その上でコスパも良いとなると私はラクビの方がおすすめかなと思います。

 

基本的にどちらも良い商品であることは間違いありません。

 

目的に沿った選び方をされるのが良いわけで、

 

  • コスパで判断?
  • 腸内環境のみに特化した判断?
  • ダイエットも兼ねて判断?

 

もし迷われてるのであれば、大きく分けて↑の3つの判断要素に絞って決められてはいかがでしょうか?

 

更新日:

Copyright© 【ラクビvsビセラ】腸内フローラサプリとして優秀なのはどっち?成分&コスパ比較で考察! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.